毎日のストレスを解消して快適な住まいへ

築25年のマンションの水廻りと傷みのあったクロス・天井・床をリノベーションされたN様邸。スッキリと新しくなったマンションの一室にお邪魔して奥様にお話を伺いました。

 

呉市 | N様 |R2年10月完成

 

やまもと住研に来られたきっかけを教えて下さい。
職場の人が自宅のマンションをやまもと住研さんでリフォームして『良心的だったよ!』と言われたのを聞いて。他にも何軒かで見積りを取ったのですが、
予算やうちの家族に合った設定を聞き入れてくれたのがやまもと住研さんでした。
主人は最初、あまり乗り気ではなかったのですが、焼山の見学会に連れて行ったら、急にやる気になり、私がしなくてもいいといった和室やトイレまですることに(笑)。
以前の住宅で困っていた事、不便だった事は何ですか?
25年の間に子ども3人を育て、男の子の孫2人もよく来ていました。その間1度もリフォームしていなかったので壁もボロボロ、ドアも開けにくくなっていました。また浴槽はエプロンが落ちたままだし、独立型のキッチンは暑くクーラーも効かないし、みんなが集まっても孤独に家事をすることが多かったんです。
リフォームして良かった点、改善した点は?
全てが快適になりました!夏、暑くて大変だった独立型キッチンは、壁を減らしオープンにした事で、クーラーが効くようになりました。トイレはタンクレスにして、後ろの棚部分をなくしたので、広く使いやすくなりました。
奥行きが狭くて使いにくかったリビングの入口の棚は、壁を広くして奥行きを伸ばし、作り付けの棚板を作ってくれました。おかげでチェストにしまっていた物まで全部収納でき、リビングを広く使えるようになりました。
リビングと和室との境の建具は普通の時は建具にして使って、家族みんなが集まる時は取りはずせるように工夫してもらいました。また、家族からトイレもお風呂も大好評です。
こだわりのポイントは?
焼山の見学会の時に見たリビングのクロスをとても気に入って、うちでも取り入れてもらいました。
私は洗面台の蛇口の掃除が大変なので、蛇口が上から出ているタイプのものにしました。シンクが広く、深くなり、洗濯の下洗いなどとても便利になりましたよ。
住みながらのリフォームで大変だったことは?
 水回りのリフォームがあったので生活の制限はかなりありました…が、仕事に出る主人のために、どこをリフォームしている時でも帰る時には片づけて、寝る場所を必ず確保してくれました。
やまもと住研の社員の対応・マナーは?
窓口の人から職人さんに至るまで皆さん良かったですよ。特に営業の多尾田さんは聞き上手で、工事中はよく顔を出して下さり、気になることや不安があってもすぐに聞けて安心感がありました。寡黙で丁寧な仕事ぶりの沖中大工さんも家族全員大好きです。キッチンのタイルの目地が黒くなっていたので、節約のため自分でコーキングしてみることに。沖中さん教えの下、キレイにできました。
 
購入して25年経ったマンションはどこのお宅でも水廻りやクロスなど、リフォームが必要になってきます。その時点で住替えをするか、リフォームなのか、これからの住まいのあり方について考える方は多いようです。
工事の出来栄えを100点満点で言うと?
 予算に合わせてこれだけの事をやってくれたので、一〇〇点に近いです!
ありがとうございます。では、やまもと住研のいい所は何でしょう?
いろいろ融通を利かせてくれました。また私たちが気になる所を伝えるとすぐに対応してくれる事。しかも言いにくい雰囲気がなく、何でも話しやすく、アットホームな感じでしたね。




 

N様邸リフォームが完成し、長年募っていた生活の不便さが解消され、N様の喜びの声を伺い、私たちも大変うれしく思います。
当社のリフォームで最も大切にしている事は、お客様のご要望に応える事です。

主婦の日常でのプチストレスを解消する事で心穏やかに、また体は健やかに過ごせます。
そしてそれはご家族の笑顔につながります。
 
築年数が経った家やマンションをリフォームしたい方、毎日のプチストレスを解消したい方、いつでもご相談お待ちしております。?



 

※写真掲載・インタビュー等は施工主さまの許可を頂いております。